トイレの水漏れを自分で修理できる?

トイレで水漏れが起こってしまった時は、業者を呼ぶのが一般的です。しかし、修理の費用などが心配に感じてしまう人も少なくありません。そんな時、自分で修理出来るならばしたいと考えることもあるでしょう。水漏れの状態によっては、自分で修理が出来ないケースもありますが、簡単な水漏れであれば自分で修理することもできるので、自分で簡単に修理できるケースを紹介します。

■パッキンを取り替える

トイレの水が流れるために取り付けられている給水管や排水管には、接続部分があります。その接続部分には、パッキンが入っているのが一般的です。しかし、このパッキンというのは消耗品ですから、寿命を迎えると役割を果たさなくなり、それが水漏れの原因になってしまうことがあります。
パッキンが原因で水漏れが起こっている場合、水漏れが起こっている付近のナットをモンキーレンチなどの工具を使用して緩めます。そして、古くなったパッキンを新しいものと取り替えて再びナットを締めて作業完了です。難しい作業ではありませんが、初めて行う方は慎重に行っていきましょう。

■簡単に出来る応急処置

自分で修理することが難しいケースで、自分で応急処置を施したいという時におすすめなのがこれからご紹介していく方法です。例えば、パイプなどに穴が開いてしまったケースなどは、自力で直すのは難しいでしょう。しかし。融着テープと呼ばれるアイテムを使用すれば、水漏れを抑えることができます。まず、水漏れを起こしている部分をしっかりと拭いて汚れや水気を取り除きます。
そして、融着テープを貼っていきます。水が出てこないようにするためにも、テープを貼ったらさらに指などで抑えてテープを密着させるようにしましょう。テープを貼り終わったら水が漏れないか一度トイレの水を流して確認してみましょう。これは、応急処置にすぎませんがトイレ内の被害を最小限に抑えることができます。

■まとめ
素人では、なかなか専門的な修理は難しいですが、自分で出来ることもあるので修理する技術があるという場合は挑戦してみると良いでしょう。しかし、素人では難しい状態の水漏れを自力で修理しようとすると、さらに水漏れが酷くなってしまうケースもあります。なので、自分で修理をしようと考えている場合には自分で修理が可能な程度の水漏れなのか適切に判断していく必要があります。あまり無理はせずに、自分では難しいと思ったらすぐに専門の業者を呼び速やかにトイレの水漏れを直してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ