トイレの水漏れの対処法

いきなり、トイレから水漏れが発生するという事態に遭遇してしまった場合驚いてしまう人がほとんどでしょう。それと同時にどうしたら良いか分からないという人も多いはずです。最もベストの方法が、出来るだけすぐに修理業者に連絡を入れる方法です。ですが業者が到着するまでに、自分で出来る応急処置ともいえる対策法があるので知っておくと非常に便利です。これから紹介する対策法は、忘れずに覚えておきましょう。

■止水栓を閉める

トイレだけに言えることではありませんが、もし水漏れが起こってしまったら止水栓を止めるのが正しい対処法です。止水栓を閉めることによって、水の流れを止めることができるのでまず最初に止めておきましょう。止水栓は、蛇口のハンドルのような形をしたもので、トイレでは基本的にタンクや便器など水を使用するパイプ付近についていることが多いです。もしも、万が一自分で止水栓を見つけることが出来なかったという場合は元栓を閉めてしまうのも1つの手です。戸建ての場合は、屋外に設置されているという家庭が多いです。集合住宅で元栓の場所がわからない場合は管理人などに聞いてみると良いでしょう。

■パーツを締める・交換等
トイレの水漏れを起こしてしまう原因の1つには、排水管などについているバルブやナットが緩んでいるというケースがあります。それが水漏れの直接の原因なのであれば、それを締めてみましょう。回す際にはペンチなどを使用して、ゆっくりと締めていくのがポイントです。逆に、力を入れて一気に締めすぎてしまうと、水が流れにくくなったり水漏れの状態が悪化してしまうケースなどもあります。ですから、そのようなことが無いように少しずつ締めていき水漏れの状態を見ながら行うようにしましょう。
また、部品交換が必要な状態の場合自分で部品を入手できた上で、交換する技術があるのであれば直ちに交換するのがベストでしょう。しかし、技術などがないという人は専門的な技術のある業者に頼むのが賢明です。

■室内と室外の温度差を減らす

水漏れの原因の1つとして、室内と室外の温度差によって起こる結露があげられることがあります。パイプ部分や便器が結露することで、水が発生するというものです。それを解消するのであれば、室内と室外の温度差を無くすことがベストな対策法です。具体的にどのようにして温度差を無くしていけば良いかというと、換気扇を回したり、トイレの扉を閉め切ったり、開きっぱなしにしたりという方法などがあります。
自宅のトイレによって、どのように温度差を無くしていけば良いのかが異なるので、トイレの室内と室外の温度差の状態などを確認しながらその状態にあった方法を選びましょう。結露が原因の場合は、温度差さえ少なくなっていけば、結露が起こるということも少なくなります。トイレの水漏れもご紹介した対策方法をとるだけで簡単に解決することができます。水漏れが結露によって起こるものであれば、すぐにでも実践してみましょう。

■まとめ
トイレが水漏れを起こしてしまえば、室内に水が流れてしまうこともあり非常に混乱してしまう人も多いでしょう。しかし、自分で適切な対処法を取るのと取らないのとでは変化も大きくなります。業者を呼ぶのは、状態の原因を改善する方法としてもっとも効果的ではあります。しかし自宅に来るまでにある程度時間がかかってしまうケースもあります。そのような時に、業者が来るまでトイレの被害を最小限に抑えようと考えているのであれば、水漏れを起こしている原因にあった対策法を取りましょう。トラブルが起これば、人は混乱してしまうことが多いです。そういったなかで現状をしっかりと把握して、適切な対応をするためにも水漏れが起こった際には冷静に対処していくことを意識してみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ